No Man Is an Island Book Blog

世界文学を中心に読みあさっては感想を書き連ねています。素敵な本たちを中心に紹介していきます!

友情 by 武者小路 実篤

久しぶりの日本文学だ。
友人が良かった、と言っていたので私も読んでみた。
しかし・・・あまり好きではない・・・なかなかひどい話だ。

主人公は野島、作家志望。
なんか平凡な感じの男。
他の男への妬みも強くて私は好きじゃないタイプ。
そいつが友人の妹、杉子に恋をする。
野島は親友で尊敬すらしている大宮に、杉子への愛を打ち明け、協力してもらおうとする。
大宮は本当にいいやつで、杉子に野島の良いところを言いまくる。
しかし杉子は大宮を愛してしまう。
大宮もそれに気づくし、それだけでなく、大宮も杉子を愛しかけてしまう。
野島との友情を取った大宮は、自分の思いを封印するためパリに去る。

野島は杉子に求婚するも断られる。
で、杉子は大宮に手紙で告白。
あまりの彼女の激しい想いに、大宮もとうとう友情より愛を選ぶこととなる。
野島に罪悪感を抱きながらも杉子をものにする。

二人の手紙のやり取りを見て、野島は杉子の野島への冷淡なあしらいと、大宮の裏切りを知り絶句。
作家として必ず大成して大宮に復讐を誓うのだった。

最後は野島に同情したね、さすがに。
大宮はいいやつだけど、杉子が野島を愛せない!!って激しく拒否している内容の手紙まで読ませるのは少し意地悪すぎると思う。
まあ所詮、人間なんてそんなものですよね。

友情 (岩波文庫)

友情 (岩波文庫)