No Man Is an Island Book Blog

世界文学を中心に読みあさっては感想を書き連ねています。素敵な本たちを中心に紹介していきます!

嵐が丘 by Emily Brontë

"Wuthering Heights"、原文で先に読んでいた。
しかし、難しくてあまり内容を理解できていなかった。

ヒースクリフとキャサリンは相思相愛だが、わがままな王女気取りのキャサリンはジプシーの捨て子であるヒースクリフではなく、同じく裕福な家庭に生まれたエドガーの元へ走る。
ヒースクリフへの裏切りである。
キャサリンは二股女なのだ。
ヒースクリフのことは、自分を愛するように愛しているが、お坊ちゃんであるエドガーも捨てがたい、そんな女なのである。
当然、ショックを受けたヒースクリフは家を出て行ってしまうが、数年後、嵐が丘に戻ってくる。
復讐するために。
まず、ずっと自分をいじめてきたキャサリンの兄だ。
ヒースクリフは、どうやってかは不明だが、かなりの富をこの時点で得ている。
あのジプシーの粗野で汚らしい感じは完全に消し去られて、別人のようになっている。
キャサリンの兄、ヒンドリーは、ヒースクリフにより自滅、キャサリンも、久々のヒースクリフとの再会で精神不安定となり、病で死んでしまう。

しかし、ヒースクリフの復讐は終わらない。
キャサリンの夫エドガーの妹イザベラと愛のない結婚をして、エドガーを参らせる。
キャサリンエドガーの娘のキャサリン、自分とイザベラの息子リントンを恋仲にさせる。
エドガーもまた、病になり、亡くなってしまう・・・と、なんかすごいことになる。
ヒースクリフの復讐が止まらず、展開が目まぐるしい。

確かに面白かったのだが、期待ほどではなかった。
もっとヒースクリフのキャサリンの裏切りへの復讐や愛憎が中心かと思っていたが、キャサリンはあっさり亡くなってしまうからだ。
その後のリントンとキャサリンの件はあんまり私は興味を抱けず、読み応えもなかった。
でも、むしろそっちの方が長かったのである。
一番復讐したい相手は、キャサリンではないか。彼女への愛憎こそ彼の生きがいだったのだから。
となると、あっさり亡くなってしまったことで、へ?これだけ?となってしまったのである。

嵐が丘 (新潮文庫)

嵐が丘 (新潮文庫)