No Man Is an Island Book Blog

世界文学を中心に読みあさっては感想を書き連ねています。素敵な本たちを中心に紹介していきます!

ソーネチカ by Lyudmila Ulitskaya

ソーネチカは愛する夫から裏切られる、にも関わらず、夫を責めることもなければ、夫を奪った若い女に、まるで我が子のように接する。
そんなソーネチカが神々しい・・・とのことだけれど、私はあまり感心しない内容だった。

ソーネチカはまるで存在していないかのようだ。
娘も夫も自分から離れていくのに、あまりにも淡々と生きすぎていて怖いというか、あなた感情ないんですか?って聞きたくなっちゃう。
まあ私には分からなかっただけかね。

ソーネチカ (新潮クレスト・ブックス)

ソーネチカ (新潮クレスト・ブックス)