世界を旅する読書たち 

RIZAです。世界文学を中心に読みあさっては感想を書き連ねています。素敵な本たちを中心に紹介していきます!

エゴン・シーレ 傷を負ったナルシス by Jean‐Louis Gaillemin

エゴン・シーレ、彼の生涯とその作品について知ることのできる本である。
彼のことは本作を読む前は全くと言っていいほど知らなかった。
独特のタッチが結構好きである。
アンニュイ、まさにこの言葉が思い浮かぶような作品の数々。
この本を読んだ後、思わず彼の絵のポストカードを買ってしまった。

エゴン・シーレ:傷を負ったナルシス (「知の再発見」双書)

エゴン・シーレ:傷を負ったナルシス (「知の再発見」双書)