No Man Is an Island Book Blog

世界文学を中心に読みあさっては感想を書き連ねています。素敵な本たちを中心に紹介していきます!

頭がいい人の時間術 いつも「時間がない、忙しい」と嘆いている人へ by 斎藤 茂太

タイトルは良さそうでしたが、中身はさほど・・・って感じでした。
まあ、結局はやらなければいけないことは後回しにしない、同時進行で物事を進めて行くと時間は残る。
例えば、料理しながら食器も洗う、とかです。

私は結構時間を無駄にするのが嫌いだという意識強くて、しょっちゅう時計も見るし、この時間内でこれこれをやる!って思うタイプなので改めて時間無駄にするのって勿体無いことだよねって思えた。
そうは言いながらも朝は苦手なので、そこは改善した方がいいだろうね。
人生は朝で決まるのだから。

この本に書いていることは確かに、時間を有効に使うための重要なことだ。
ゆっくりする時間もあっていいけど、あまりゆっくりしすぎて後から時間に追われてしまうような毎日は嫌だね。
やるべきことはきっちりやって、リラックスタイムや趣味の時間もちゃんと設ける。
それをとにかく習慣づければ生活が、いや、人生が変わるかも!